絶版になった旧青山町の「あおやま風土記」を紹介します

FrontPage

文字サイズ:

あおやま風土記との出会い

 私は2002年に名賀郡青山町に引っ越してきました。郡とはいえ青山町だけの小さな町でした。2004年(平成16年)11月1日に上野市、阿山郡伊賀町、阿山町、大山田村、島ヶ原村、名賀郡青山町の6市町村が合併し伊賀市となり、青山町の名は地図から消えました。

 2008年「あおやま風土記」という本を歯医者さんの待合室で見つけました。読み進んでいくうちに青山の歴史が少しわかり、私もその本が欲しくなりました。本を頼りにいつか紹介されている場所を訪ねてみたくもなりました。

 本の発行は青山町役場総務課で発行年月は1999年3月、昭和55年7月から平成9年4月までの17年にわたり青山広報に寄稿された青山町の歴史・風物を紹介されたものが1冊の本となったものが「あおやま風土記」です。

 さっそく伊賀市青山支所に問い合わせましたら、図書館では貸し出し禁止、予備はないということでした。青山の歴史が埋もれていくような気がしました。

 旧青山町の人々には周知のことかもしれませんが、インターネット上でお知らせすることにより、旧青山町に興味のある方がこのサイトにたどり着かれ、「あおやま風土記」を読まれ、旧青山町を訪ねてくださるかもしれません。旧青山町の人々も記憶を新たにされるかもしれません。

 そんな思いを胸に、本と出会った歯医者さんにお願いして無期限で本を貸していただき、青山支所の総務課にWEBでの発表の許可をいただきにあがりましたら快く了解してくださいました。

 少しずつではありますが「あおやま風土記」をこのサイトで紹介させていただきたいと思っております。

2011年10月14日0時 一応完成いたしました。




a:26556 t:13 y:9

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional